「スーパーエルマー」のレビュー評価

TOEICで高得点を得るためにやるべき教材はスーパーエルマー

TOEICで高得点を出すと、履歴書にそれを書いたりなど自己アピールができますよね。企業でTOEICの点数が必要な場合もありますし、自分の英語力を知るうえでもTOEICは便利なテストです。

 

もしTOEICで高得点を出したいとなったら、スーパーエルマーという英語教材がおすすめです。この教材を学習すると、TOEICないので 役立つばかりかネイティブとの会話にも役立ちます。

英語の語順を変えないで理解する

英語と日本語は、同じ意味の文章でも語順が違いますよね。「I have a pen.」という言葉は、順番に読んでいくと「私 持っている ペン」というように読めます。

 

しかし、これを日本語に訳すとなると「私はペンを持っています。」というように、語順が入れ替わります。こんな簡単な文章でも語順の入れ替わりが起こっているため、それが読み物ともなれば、語順に戸惑って混乱し、意味が分からなくなってしまいます。

 

そこでスーパーエルマーでは、日本語にわざわざ語順を直して訳すような事はしていません。文章の頭から読み、そのまま理解できるような脳を培っていきます。英語を英語のまま理解する事で、英文を読むスピードが上がります。

 

また、英文をそのまま英語で理解すると、問題文をそのまま解く事もできるのです。TOEICは時間勝負なので、そうやって解ける問題を多くしていくのです。

英語を聞く力を養うハイパースピードリスニング

英会話教材の多くがスロースピードでなにを言っているのか理解するところから初めていますが、スーパーエルマーにはスロースピードがありません。あるのは、ネイティブのナチュラルスピードとそれよりも段階別に早くした超スピードリスニングです。一番早いものだと、ナチュラルスピードの2倍の早さになります。

 

なぜこんな早くしゃべる英語を聞かなければいけないのかというと、ナチュラルスピードに慣れるためです。スローモードだと、ナチュラルスピードが早く感じてしまってネイティブのスピードに慣れる事はできません。ハイスピードでリスニングする事でナチュラルスピードが遅く感じ、リスニングが苦にならなくなるのです。

 

また、ハイスピードでは細かいところに気をとられず、全体のイメージやイントネーションなどをとらえていきます。それにより、どんな発音で会話をしていけば良いのかという理解につながまります。スローモードだと、前章で記述した「英語の語順を変えないで理解する。」というのがあまり効果を感じません。ゆっくりしゃべっている文章だと考える時間がたくさんできてしまって、語順を日本語に直す時間ができてしまいますよね。ハイスピードならば、日本語に直す時間もないので、耳が慣れて脳も英語脳になりやすくなります。

リズムをつけて発音するのが通じる道

英語と日本語では、リズムが違います。これはフランス語など他の言語と比べてもそうです。現地人がしゃべりやすいようにリズムを作っているので、日本語に慣れた人が英語をしゃべろうと思ったら、リズムを習得しなければいけません。そのリズムをあまり重要視していない英語教育が一般的なので、英語は習ったけど通じないとなってしまうのです。

 

リズムとは、音節です。母音が文や単語に何個あるかで音節は変わってくるので、その音節のリズムをまずは知って発音するのが英語の正しい発音の仕方です。難しそうな学習に見えますが、スーパーエルマーではそれを簡単に習得できます。慣れが大事なので、リズム学習に最適なスーパーエルマーで慣れていきましょう。

スーパーエルマーのデメリット

スーパーエルマーは非常に考えて作ってある教材です。そのため、TOEICで高得点をとりながらも英会話に役立つのが可能です。TOEIC専用、英会話専用といった区切りがなく、かつネイティブと普通に会話できるようになるという高みを目指せます。 

 

しかし、目指すべきところが高い分、レベルは少々高めです。英会話初心者は、ついていくのが難しいかもしれません。全く英語が分からないと、いきなりナチュラルスピードでネイティブが言っている事を聞いても分からないで終わってしまいますよね。それなのに、さらに早くしゃべっている事を聞くなんて無理です。

 

また、音節に分けてなどの英語を論理的に捉えているため、遊びながら勉強するというのは難しいと思います。

 

それでもスーパーエルマーを利用してTOEICで結果を残したかったり、ネイティブと話ができるようになりたいというならば、まずは英語の参考書などを購入して知識をつけてからスーパーエルマーを利用すると、この教材は分かりやすくなるでしょう。

 

中学や高校で英語を勉強している人ならば、多少なりとも知識はあると思います。そのため、あまり英語に自信がなくても、少しだけ知識をつけてスーパーエルマーをやればTOEICで良い点は取れるようになるでしょう。