「新・速読セルフトレーニング」のレビュー評価

テレビでも絶賛された英語教材「新・速読セルフトレーニング」

英語の速読をすると良いというのを聞いた事がありませんか?速読すると英文の読みが速くなるというだけでなく、脳に良い事がたくさんあるのです。英語を学びたいというだけでなく、頭が良くなりたいという人に「新・速読セルフトレーニング」はおすすめです。

速読すると頭はどうなる?

テレビにも出演した事がある脳科学者、澤口俊之さんは速読している脳について興味を示しています。本を読むと、一般的には左脳が活性化します。しかし速読をすると、右脳と左脳の両方が活性化するそうです。

 

これにより、英語を速く読むというだけではない効果が脳に期待できるそうです。

 

実際に、速読を取り入れた予備校では偏差値が上がったり、ある警察では書類の処理能力を高めるために速読を取り入れたりしています。

 

そして英語の能力は、速読する事で英語で考えて答えるという英語脳が出来上がります。速いスピードで読めば、英語を日本語に直していく時間がないからです。ネイティブは英語で考えて英語でしゃべりますよね?それを目指せるのが、英語の速読なんです。

速読するための教材としてテレビで紹介

「新・速読セルフトレーニング」は、テレビで紹介されて大絶賛された英語教材です。普通、日本人は1分間に400文字を読めます。

 

これは、1つのまとまった文章があれば、その1つのコンテンツとして読む分ぐらいの量です。「新・速読セルフトレーニング」は、最終的に1分で5000文字以上の量を読むのを目的としています。これだけの量を読めるようになれば、TOEICやビジネスの書類などでも対応できます。

 

1日15分~20分ほどのトレーニングをやれば2、3ヶ月後には読む力に効果が持てます。目に見えて上達していく教材なので、速読を目指す人にはおすすめの教材です。

新・速読セルフトレーニングファミリー版なら子供から大人まで速読できる

「新・速読セルフトレーニング」は、パソコンを利用して速読の練習をしていきます。パソコンでユーザー登録ができます。4人まで登録ができるので、一家に1教材があれば家族みんなで勉強できます。

 

この教材は、小学生向けや高校生向けなど幅広い年代がカバーできているため、長く利用する事もできてリーズナブルです。学生がやれば英語の授業にきっと役立てるでしょう。また、受験勉強にもなります。

ビジネス版は社会人向けコンテンツ

「新・速読セルフトレーニング」にはファミリー向けとビジネスマン向けの教材があります。ファミリー版は1分に5000文字を読むのを目的としていますが、ビジネス版は1分に7000文字の速読を目標にしています。

 

そのため、ファミリー版よりもレベルは高いです。さらに、ビジネスなので社会人向けのコンテンツになっており、読む文章も大人です。

 

例えば、夏目漱石の坊っちゃんや芥川龍之介の作品などがあり、日本人として読んでおきたい名作が収録されています。

 

読み物としても面白い内容なので、仕事のリフレッシュとして速読するのもいいと思いますし、今まで触れた事がない文学で知識を養うというのもいいでしょう。

新・速読セルフトレーニングの口コミは?

「新・速読セルフトレーニング」を利用した人は、集中力が増したと感じている人もいれば、問題を解くスピードが上がったという人もいます。速読を知り合いから勧められる事もあり、速読は良いものだという認識があるようです。英語の速読は資格取得勉強の役にも立っているようで、速読をやって良かったという人は多数います。

新・速読セルフトレーニングのデメリットは?

「新・速読セルフトレーニング」は、CD-ROMなのでパソコンからしか利用できません。そのため、パソコンがすぐに利用できる環境がないと勉強しずらいかもしれません。

 

さらに、この教材は速読教材という性質上、英会話には直接向いていないかもしれません。あくまでも英文を読むタイプなので、会話に力をいれたいという人は別の教材を利用しましょう。

 

また、英会話の入門編の人は、速読に楽しさを感じないかもしれません。まだ入門編でも速読に興味があるならば、少し英会話をかじってからこの教材を利用すると、小学生向けのテキストがやりやすいかなと思います。

 

英会話に直接あまり関係がない速読ですが、速読する事で英会話のディアログが覚えやすくなったり、英語で考えて英語で話すという力を養えるので、英会話をやりたいならば速読も英会話商材と一緒にやるといいかもしれません。

まとめ

速読を今まで知らなかった人も、速読に興味がある人も、集中力を上げたいと考えているならば、「新・速読セルフトレーニング」がおすすめです。

 

ちょっと難しそう‥と思っても、頑張って続ければ2~3ヶ月後には今よりも速いスピードで文章が読めるようになっています。そして、英語で聞いて英語で考える、答えるという英語脳ができていくでしょう。頭の回転を良くして、ついでに英語も理解できちゃうという一石二鳥の教材が、「新・速読セルフトレーニング」です。