「ネイティブイングリッシュ」のレビュー評価

1日6分!聞くだけで本当に英語がしゃべれる秘密は「ネイティブイングリッシュ」にあった

「英語を聞くだけで本当にしゃべれるようになるわけない。」そんな風に思っている人はいますし、英会話教室の勧誘などでもこういった言葉で勧誘してくる営業マンはいるのではないでしょうか?

 

ただ聞くだけで英会話は上達しませんが、英会話は会話なので、耳から入ってきたものから勉強するのが上達する近道でもあるのです。そこで、聞くだけではなくて聞く勉強をする方法があったらいいな‥と思いませんか?「ネイティブイングリッシュ」は、耳から英語を勉強する教材なんです。

1日6分聞くだけ

ネイティブイングリッシュの優れている点は、1日6分の勉強で英会話が上達していく点です。「そんなバカな!」と疑り深くなってしまいそうですが、聞く事に力を入れているからこそ短時間で習得が可能なんです。

 

テキストの文章を読んで、それを日本語に直し、分からない単語は調べる‥。そうやって勉強していくと、6分では済まないですよね。

 

しかしネイティブイングリッシュは、英語の次に日本語が流れるので、分からない意味を調べる手間がありません。そして、意味が分かるから英語でなにを言っているのか聞き取りやすくなります。それを6分も繰り返しやれば、何回も英語を黙読している事と同じ量の英語に触れる事ができます。

 

聞き慣れない英語を聞くというのは集中力がいる動作です。そのため、長い時間やるよりも短時間で集中して覚えていく方が効率が良いです。

聞くだけでマスターの秘密は2段階のスピード

英語を聞くだけでなぜリスニングが強くなるのかというと、ネイティブイングリッシュでは2段階のスピードで文章を流してくれるからです。まずはゆっくりとしたスピードで、なにをしゃべっているのか理解します。

 

そしてナチュラルスピードでしゃべってあげると、なにを言っているのか分かっている状態で聞くので、意味が理解しやすくなります。また、ナチュラルスピードに慣れるとゆっくりスピードがさらにゆっくりと聞こえて、だんだんと早いスピードでも意味が分かるようになっていきます。

 

ゆっくりスピードで発音や区切りに気をつけて、ナチュラルスピードでそれを意識しながら聞くという事もできるので、耳が英語に慣れていくのです。

DJによる楽しく英会話を身につけていく

英語を学ぶのは、楽しくなければ続けていけませんよね。しかも英語は生きている言葉だからこそ、微妙なニュアンスあったり、TPO別に言葉を選んでいかなければいけません。そういった細かいところを、ネイティブイングリッシュならば有名DJが教えてくれます。しゃべりが得意なのがDJなので、まるでラジオを聞きながらリラックスしてフレーズの使い分けが学べます。

ネイティブならではの使い回し英会話でどんなシーンもばっちり

アメリカなどの現地に行けば分かる事ではありますが、ネイティブは同じフレーズを使い回しして会話している事が多々あります。

 

日本語でもそうですよね。「どう?」と聞けば、料理を食べるシーンならば「おいしい?」と聞いていますし、なにかの作品を見ていれば「この作品をどう感じる?」などの質問になります。

 

使い回しは便利なんですが、現地にいかないとどんな言葉を使い回ししているのか分かりません。ネイティブイングリッシュは、生のネイティブが使い回す言葉を日本にいながらも教えてくれます。

 

それにより、よりネイティブらしく話ができます。しかも、使い回しをすればいいので楽にしゃべれるのです。

24時間のバイリンガルによるメールサポートつき

英会話を自習学習する上で陥りやすいのが、分からない事をどこに聞けば良いのか?ではないでしょうか?本屋で本を買って勉強した時に、分からない事があるとつまずきやすくなります。

 

そして、挫折しやすくもなります。通販で教材を購入しても、買って分からない時のサポートが手薄の教材がたくさんあります。

 

ネイティブイングリッシュでは、24時間のメールサポートがあります。買った後もサポートを続けてくれるのが、この教材の大きな特徴です。

 

しかもサポートしてくれるのは、英語も日本語も流暢なバイリンガルです。バイリンガルだからこそ、日本語でつまづきやすいところが分かりますし、日本人の気持ちが分かりますよね。「getとtakeの違いが分からない。」や「‥という言葉が、ナチュラルスピードで聞くと聞こえないんだけど、どうやって聞き取るの?」など、なんでも質問できます。買ってからのサポートがあるからか、ネイティブイングリッシュでは購入者満足度が96パーセントもあるのです。

 

ネイティブイングリッシュのデメリットがあるとすれば、聞くというのにまずは慣れなきゃいけない点でしょう。今までの英語学習は座学がメインだったので、耳から入る勉強にまずは慣れてから英語の習得になります。それに慣れてしまえば、聞くだけで英語はどんどん上手くなっていくのです。