英語の「M」と「N」の発音の仕方

英語の「M」と「N」の発音出来ますか?

英語の発音には、日本語にない発音があって、日本人にとってはとても難しいと思います。そこで、簡単にできる発音の仕方を紹介したいと思います。

 

「M」と「N」の発音についてです。

 

これって、簡単なようですが、実は出来ていない人って多いんです。

 

例えば、「Simple」という単語を、あなたはどう読みますか?シンプルと読んでしまった人は、残念ながら間違いです。

 

シンプルの「ン」の部分は、「m」なので、実はカタカナの「ン」という発音ではありません。

 

この部分は、口を閉じたまま「ンー」と発音すると、それが「m」の発音になります。

カタカナ発音に注意しよう

次は「Nice」という単語です。
これは「ナイス」と発音する人が多いのではないでしょうか?実は、ナイスの「n」の音も日本語にはありません。なので、カタカナ発音をするのは間違いなんです。

 

「n」は口を軽く開き、舌を持ち上げて上の歯茎につけたまま、「ンー」と音を出します。それが「n」の発音です。

 

日本語の「ナニヌネノ」とは違って、少しこもったように発音するのがコツです。日本人はどうしても意識をしないとカタカナ発音をしてしまいがちなので、意識して発音をするようにしてください。

 

また、日本人はイントネーションがもともと弱いため、よりアメリカの人に近い英語の発音にするためには、アクセントをきちんとすることがポイントです。英語を発音するときには、大袈裟だとおもうくらいイントネーションをつけ、口を大きく動かすといいですよ。
それが出来たら、後は練習のみです!