日本人にはなぜ難しい?英語の発音

日本人が苦労する英語の発音

英単語にもよく含まれる「a」の発音ですが、この発音は日本語にはありません。なんとなく〈エー〉という発音だと思っている人が多いと思うのですが、実は違うんです。

 

しかし、カタカナではなくちょっと英語の発音の仕方をするだけで、大分英語の発音に近くなります。まずは、普通にいつも通り、「エ」と発音してみてください。次に、少し口を横に広げるつもりで「エ」と発音してみてください。

 

この時、鏡を見てやると分かりやすいですよ。

 

そしたら、「エ」の口の形で「ア」と発音してみます。普段しないので難しいかもしれませんが、練習すれば出来ます!

「f」の発音の仕方

次は「f」の発音の仕方です。ちなみに、「f」はカタカナのハヒフヘホの発音とも違うんです。上の前歯で、下の唇に触れてみてください。そして、このまま息を吐き出してみましょう。

 

すると、空気が漏れる音がします。これが、「f」の発音です。声を出していないじゃないかと思いませんか?でもこれが正解で、「f」は空気が漏れる音なんです。

 

始めは難しいと思うかもしれませんが、そのうち意識せずに発音出来るようになります。まずは、英語を「a」から「z」まで、一つ一つ発音の練習をしてみるのもいいと思います。

 

また、同じ発音に感じる英単語を何度も聞いて発音の違いを感じ、自分で発音を区別できるように練習するのも効果があります。

 

英語のニュースやドラマを聞いているのもいいと思いますよ。また、慣れるという意味では、映画などを見るときに吹き替えで見ないで英語のまま鑑賞するのをおすすめします。

日本人が苦手な英語の発音を紹介

外国人にも通じる英語の発音を紹介したいと思います。

 

Rの発音

一つ目は、Rの発音です。
これは「ラ・リ・ル・レ・ロ」ではなく「ルア・ルイ・ルウ・ルエ・ルオ」と発音すると、より外国人らしい発音になり通じやすくなります。
巻き舌っぽく発音するといいですよ。

例えば「ライス」は「ルアイス」と発音します。

 

Lの発音

二つ目は、lの発音です。
これは「ル」ではなく「オー」と発音します。

例えば「グローバル」は「グローボー」と発音します。

 

Vの発音

三つ目は、Vの発音です。
これは、「バ・ビ・ブ・ベ・ボ」ではなく「ヴァ・ヴィ・ヴ・ヴェ・ヴォ」と発音します。

例えば「ベジタブル」は「ヴェジタボー」と発音します。

 

Thの発音

四つ目は、語頭のThの発音です。
これは、「ザ・ジ・ズ・ゼ・ゾ」ではなく「ダ・ディ・タ・デ・ド」または「タ・ティ・タ・テ・ト」と発音します。

例えば「ザット」は「ダット」と発音します。
「シアター」も「テアター」の方が通じますよ。

 

Whの発音

五つ目は、語頭のWhの発音です。
これは、「ハ・ヒ・フ・ヘ・ホ」ではなく「ゥワ・ゥイ・フ・ゥエ・ゥオ」と発音します。

例えば、「ホワット」は「ゥワット」と発音します。

まとめ

カタカナ発音に慣れている人達なら、余計なんかヘンな感じがすると思うし、発音もしずらいと思いますが、外国人に通じる英語と日本人が知っている英語は大分違うので、これはどうしようもないかもしれません。このギャップを乗り越えられれば、英語が上手くなると思います。